苦労して会話するのはもうやめましょう。会話が苦手な人が会話の基本を抑えるべき理由

タイトルにもありますが、会話で苦労している人は多いと思います。ネットにも会話克服の記事があふれていますが、読むのが大変だと思います。

この記事では、できるだけストレートに分かりやすく会話の苦手意識を取る方法を解説していくので、よかったら読んでみてください。

会話が苦手な人は会話の基本を身に付けるといい理由

単刀直入に言うと、会話の基本を身に付けると、会話の苦手意識は消えます。

なぜかというと、基本を身に付けることで、会話中に自分が何をすればいいか、どのように話せばいいかが全て「分かる」からです。この「分かる」状態というのは、とても重要なことです。

大前提として、人は「分かっていること」「できること」に苦手意識を持たないからです。例えば、九九の掛け算を計算機使ってもいいので、答えてくださいと言われたときに、苦手意識を持つでしょうか?簡単だしいいけど・・・となる人がほとんどだと思います。(小学1年生以下を除いて)

なぜ、簡単だし・・と思えるのか、それは九九の基本と計算機の使い方を知っているからです。つまり九九の基本と計算の基本を知っているからということになります。これと同じで、会話も基本さえ知っていれば、「分かる」状態になるので、苦手意識は消えるということになります。

簡単にまとめ

つまり何が言いたいかというと、会話の基本を抑えることは、会話を理解し、できる状態へ導く。だから苦手じゃなくなる、ということなんです。

どの分野の人でも、できる人は基本を抑えています。会話も例外ではなく、基本を抑えればできるようになります。

単純な話し、会話に苦手意識を持っていたり、失敗したり、会話するときにわからないことがある人は基本が足りてないということです。なので、その足りない部分を補えば、会話を恐れる必要は無くなります。

会話の基本を抑えるのは簡単なのか?

答えを言います。普通に話せるようになるレベルを目指すのであれば簡単です。色々なシチュエーションに対応して上手に話せるようになるには、やることは簡単だけど、コツコツ時間を要します。

これはなぜかというと、目指すコミュニケーションレベルに応じて、覚える基本の量や難しさが変わってくるからです。

しかし、いずれにせよコミュンケーションは一生行うものなので、少しずつ基本を覚えて、徐々にでも上手になっていくのが一番ベストな答えかもしれません。恋愛や仕事などコミュニケーションのレベルが必要な場面は多いからです。

具体的に行うこと

詳しくは別の記事で解説するので、ざっくりレベル毎に、どのような基本を覚えないといけないのか解説します。

普通に話せるようになるレベル

・見た目を磨く
・会話するときの考え方を重要なとこだけ覚える
・人との関わり方を重要なとこだけ覚える
・話し方、聞き方、話題の作り方を重要なとこだけ覚える
・話し上手な人の話しを聞いていいところをマネする

見た目を磨く

見た目は、人に不快感を与えると話しを聞いてもらえなかったり雑な対応をされてしまうので、磨く必要があります。

人との関わり方を覚える

会話するときの考え方と、人との関わり方も重要なところだけ抑えれば問題ありません。

話し方、聞き方、話題の作り方について

話し方、聞き方、話題の作り方は会話の基本となる部分なので、最低限のところだけ覚えれば普通の会話レベルでしたら問題なくできるようになります。

話し上手な人をマネする

話し上手な人の話しをマネするというのは、心理学の用語のモデリングと言われるもので、うまい人をマネすることで、自分もその要素を取り入れることができ、自分も話し上手になっていくというやり方です。話しを聞いてマネするだけなので、とても簡単です。僕も高校生の頃コミュ障になったときに使った方法です。

上で紹介した基本は、僕のブログで解説しているので、知りたい方がいらっしゃれば記事を読んでみてください。

これらのことを全てやると、集中すれば1~2週間もあれば、全てマスターできると思います。

上手に話せるようになるレベル

上手に話せるようになるレベルになるには、普通に話せるようになる項目で紹介したことプラス、より深い内容や語彙力を増やしたり、人の気持ちを読み取る力や、人のタイプ毎に話し方を変えたりしないといけません。なので、座学で勉強しただけではできるようにならないため、座学+経験を積んでいく必要があるので早くて2ヵ月~長くて1年くらいかかるかもしれません。

僕の場合は独学で日々の生活の中で鍛えられたので、高校1年~専門学校2年までなんだかんだコミュ障が残っていました。なので5年ですね、完璧に普通レベルで話せるようになったのは。そこから美容師をして、相席屋でキャッチや接客のバイトをして街コン運営をして、営業の仕事をやりました。美容師の時点でコミュ障は完全に治って、多くの人と会話する中で、話しが上手になっていき、普通の人よりも上手になりました。

なので、あなたもコミュニケーション能力を上げたい場合は、あえて人と多く話さないといけない環境に身を投じると成長スピードは早くなります。嫌になったらすぐにやめれるバイトがおすすめです。バイトは会話が多い相席屋、街コンスタッフ、居酒屋、キャッチのバイトがおすすめです。僕はやったことはないですが、バーの店員などもいいかもしれません。会話が多そうなバイトを選んでみましょう。

会話の基本を詳しく解説

ではさっそく、会話の基本をご紹介します。会話の基本に関しては別記事でテーマごとにまとめてあるので、そちらの記事をご覧ください。

■話し方について
http://rakuperablog.com/?p=303

■聞き方について
http://rakuperablog.com/?p=331

■話題作りについて
http://rakuperablog.com/?p=344

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事を読んで、基本を抑えることの重要さが理解頂ければ嬉しいです。

基本さえしっかり身に付ければ、あなたが取り組む物事はある程度の形になります。会話の基本は、「話し方」「聞き方」「話題の作り方」の3つがあるので面倒かもしれませんが、このブログでは読むだけである程度上達するように記事を作成しました。時間があるときに少しずつ読んでいただければあなたの力になるはずです。

基本が身に付くまでは結果が出にくく、やっていても楽しくないかもしれませんが、基本が身に付いた瞬間、あなたは自分のレベルアップした感覚を感じるはずです。ぜひ、この機会にコミュニケーションの基本を身に付けてみてください。

関連記事

  1. コミュニケーション能力を上げるには見た目を磨くべき理由

  2. 会話上手になるための方法を全て解説!【読んで行動したもん勝ち】

  3. コミュニケーション能力を早く鍛えないとマズイ理由について解説します

  4. 【コミュ障の治し方】コミュ障に悩んでいる方はこの記事を読んでみてくださ…

  5. 【徹底解説】ブログで学べる上手な話し方のコツ

  6. 会話がうまくなりたい人はどうするべきか僕の考えをまとめてみた

  7. 【会話のノウハウ】読むだけで分かる話題の作り方

  8. 【今日から始めれる】聞き方のコツを読むだけでマスター!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。